ケミカルピーリングのご相談は美容皮膚科・皮膚科「皮ふ科 眼科 くめクリニック」
left
space
ケミカルピーリング
HOME > 施術別 > ケミカルピーリング

― 「グリコール酸」による治療 ―
ケミカルピーリング

■ 角層を取り除き、皮膚の再生を促す

肌にグリコール酸などの薬剤を塗り、角層の一部を取り除くことによって、皮膚の再生を促し、にきび・しみ・小じわなどの改善を促す治療方法です。所要時間は30分程度です。ケミカルピーリング後は、保湿と遮光を心がけて下さい。また角層の一部を取り除くことによって皮膚の透過性が亢進しますので、イオン導入や各種クリームを組み合わせますと一層効果的です。
当院のケミカルピーリングは、皮膚科専門医が十分な診察を行い患者様の肌質に合った施術をしていきます。


ケミカルピーリングの効果

コラーゲンの合成
皮膚表面及び毛穴部分の角質を再生させるトリートメントのケミカルピーリングは、コラーゲンの合成を促します。
シミやくすみにも大変有効
ケミカルピーリングはシミやくすみといった色素性疾患の改善と美白効果を伴うため、皮膚はとてもみずみずしくハリが出てきます。
ニキビ肌の改善
ニキビの方は、ケミカルピーリングを繰り返すことにより肌質がかなり改善されます。
若い頃のニキビ跡も、しだいに目立たなくなります。

ケミカルピーリングの症例

ケミカルピーリングの症例 フラクレス(フラクショナルレーザー)症例の施術後 ケミカルピーリングの症例
     

ケミカルピーリングの施術の流れ

診 察
カウンセリング・皮膚の診察をして肌の状態を見ます。
ご予約
ご都合のいい日を 御予約ください。
ご来院
まず、洗顔をしてお肌をきれいにしていただきます。
ピーリング
お肌にあったピーリング薬剤を塗布します。
治療後
保湿ローションと日焼け止めで紫外線からお肌をしっかり守って下さい。

ケミカルピーリングのQ & A

Q.1 ケミカルピーリングは痛みはありますか?
一時的に軽いヒリヒリ感を感じられる方もおられますが 痛みはほとんどありません。
(※ 多少の個人差はあります。) 
Q.2 ケミカルピーリングの後に肌がカサつくことがあります。
ケミカルピーリングの治療中、肌がカサつくなど、以前より肌の状態が悪くなることがありますが、一時的なことなのでご心配いりません。
Q.3 ケミカルピーリングはどのくらいの頻度で行えばいいのですか?
2〜3週間おきのケミカルピーリングで、新しい皮膚の再生と古い角質の除去を行います。
肌の状態、回数によって効果的なグリコール酸濃度・塗布時間でピーリングを行います。
Q.4 ケミカルピーリングの治療後は?
ケミカルピーリングを受けた後はいつも通りにお化粧も普通にしていただけますが 保湿と日焼け止めはきっちりと行ってください。
Q.5 ケミカルピーリング治療中の注意点は?
ケミカルピーリング治療中は、一時的に角質が薄くなり、肌が紫外線の影響を受けやすくシミもできやすい状態になりますので紫外線は絶対に禁物です。
日焼け止めを 念入りに塗るようにして下さい。
また、スクラブ入りの洗顔料も控えて下さい。
kume derma clinic
コスメサイトへ
美容皮膚科クリニックを動画で紹介
ブライダルコース
当院の治験
アンケート
アンケート
アンケート